ライムライト Limelite


美白の為の最新光治療器

最新光治療器「フォトブライト治療」とはキュテラ社が開発した光治療器(ハンドピース)を用いたIPL治療の事です。
従来のハンドピースは白人(欧米人)向けに開発された規格を日本人用に設定しなおして使用しております。

当クリニックで導入しているキュテラ社のライムライトは日本人の肌(色白の方から色黒の方含 む)を熟慮し、日本人医師とキュテラ社が協力して開発したものです。
日本人に対する効果的な光の波長(520~1100nm)が上手く設定されており、まさに日本人向けの光治療と言えます。

ライムライトはメラニンやヘモグロビンに反応しやすい照射をすることで、従来の光治療では難しいとされてきたシミ、そばかすにも高い効果を発揮します。
また、ライムライト の光が真皮の繊維芽細胞を刺激してコラーゲン生成を促しますので施術後のお肌のハリも実感して頂ける事と思います。
また、真皮上層部の微小血管に吸収され、赤ら顔、目のクマ、ニキビの赤みにも効果が期待できます。
 
美白の為の最新光治療器

 

症例写真

ライムライト Limelite 症例写真

 

ライムライト 治療の流れ

STEP 1カウンセリング

Dr.による診察を行います。
ご希望の治療箇所をお伺いしながら、お一人お人に合ったプランをご提案させていただきます。

STEP 2洗顔

ライムライトは赤、茶色に反応いたしますので、生え際、小鼻、あごのラインなども忘れずにしっかり洗顔をお願いいたします。

STEP 3施術

ヘアターバンをしていただき、ベッドに横になっていただきます。
冷たいジェルを塗布させていただき、アイシールド(目の保護のため)を装着させていただいて施術開始。
この際、まぶしい光が出ますので、目をしっかりとつぶっていただけます様ご協力お願いいたします。

STEP 4施術後

施術終了いたしましたら、ジェルを拭きとります。
その後しっかりと洗顔をお願いいたします。必要時応じてクーリングを行います。
その後Dr.の診察を受けていただき、すぐにお化粧、日焼け止めをして帰宅できます。

STEP 5施術後の注意点

外出される際は必ず日焼け止め、帽子の使用をお願いいたします。
(できれば日傘も加えて いただくと宜しいと思います。)
異常を感じるような事、不安に感じることがありましたら、何なりとお気軽にお問い合わせください。
 
豊郷たちかわ皮ふ科クリニック 院長 刀川 信幸

 

レーザーと光治療IPLのシミ治療に関する相違点

  レーザ
アレキサンドライト、Qスイッチ(ルビー、ヤグ)、KTP(532)等
IPL光治療
ライムライト
目的 一点のシミをポイントで使う 顔全体的に当てて、顔のトーンを明るくしていくもの
作用 表皮を削り取りながらシミをとる深いシミにも有効
  1. シミに熱を吸収させてマイクロクラストを作る。
    肌のターンオーバーに合わせてマイクロクラストが上がってくる
  2. ある程度の深さのシミに有効
  3. 深いシミまでは届かないので、肌のダーンオーバーの際深いシミの部分が表面に 上がってきて、再度施術すると、更に肌が明るくなる
ダウンタイム
(正常な肌に戻る)
軟膏塗布、絆創膏の期間がありダウンタイムは長い ミニマムダウンタイム(最小限のダウンタイム)肌が赤くなるが、1時間程度で引くまでの期間) ことが多い