11月号(vol.16)

10月のある日、当クリニックに定期的に受診して下さっている小学生の男の子 (彼は目がクリッとしていて、睫毛が長い)が診察室に1枚の自作の絵を持ってきて下さいました。 彼はそれを私に見せこう言いました。 “『とよ・たち』に載せて欲しい!” それを聞いたとたん私の心はパッと明るくなり、こう申し上げました。 「もしよければ11月号の表紙として使わせていただけないでしょうか?」その答えはOKでした。 彼が快諾して下さる際、隣におられた母親を見つめてニッコリと微笑み、 次の瞬間 次の瞬間 コクッとうなずいてくれた時の笑顔が私にはとてもうれしく思えました。 「お名前どうしましょうか?」と私が尋ねると彼は、 少しハニカンでペンネームで・ ・ ・、ということに落ち着きました。